自分で自宅でできる方が良い人向け

ホワイトニングの効果

 

自分の力で自宅でできるコースがあります。ホームホワイトニングです。ホームとあるように、自宅で自分で行います。まずは、歯科医院へ行ってホワイトニング専用トレーを作ります。また、薬剤など必要なものも渡してもらいましょう。それらを自宅で正しく使ってください。

 

自分で薬剤を塗る手間はありますが、コツコツと続けていくことで、徐々に白くなっていきます。即効性があるわけではないのですが、持続性にはとても優れています。料金も比較的リーズナブルですから、とても人気があります。

 

薬剤を使うとはいえ、ダメージが最も少ない方法なので、一番安心してできるかもしれません。急いでいるわけでもなく、色を長持ちさせたいと思っている人は、試してみると良いかもしれません。自分でやらなくてはいけないので、よく説明を聞いてください。不器用な人も不安にならずに試してみましょう。そこまで難しくはないでしょうから、まずは相談してみてください。

早く白くしたいと思っている人向け

とにかく早く白くできないかと思っているのならば、オフィスホワイトニングコースがぴったりです。オフィスとありますが、歯科医院のことです。自分でコツコツ薬剤を使うよりも、とにかく即効性にこだわっている人にはこちらがおすすめです。

 

やはり、薬剤は使いますが、歯科医が塗ってくれます。そして、特殊な光を照射します。すると、1回だけでかなり白くなるでしょう。さすがに1回だけで理想的な色にまではならないかもしれないので、何度か通うことにはなります。面倒だと思っても通院しないと1回だけでは色素沈着しやすいので通ってください。

 

この方法は、色素を分解するので早く効果が出やすいです。ただし、即効性はあっても持続性には不安があります。だから、ずっと白く保ち続けたいと思ったら、通院し続けることを考えたほうが良いでしょう。そうすれば、ずっと白いままでいられます。即効性がありますし、自分でやらなくて良いところがメリットです。

即効性も持続性も両方大事な人向け

即効性も欲しいけれど、持続性も欲しいと思っていませんか。ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方ができるデュアルホワイトニングがあります。二つのコースを両方行うので、即効性も持続性もあります。手間はかかりますが、白い歯をずっと保てるので人気があります。

 

歯科医院で薬剤を使い、光を照射してもらうだけではなく、自宅で自分で薬剤を塗る必要があります。外側から白くするだけではなく、内側からも白くしていきますから、最も理想的な方法と言っても過言ではありません。

 

黄ばみが強くてもデュアルホワイトニングなら大丈夫ですから、あきらめないで試してみませんか。ただし、他の二つのコースよりも料金は高くなります。両方の方法を取り入れているので仕方がありません。唯一のデメリットと言えます。

 

3つもコースがあるので、迷うかもしれませんが、どれもメリットとデメリットがはっきりしているので意外と選びやすいでしょう。