全額自己負担の自由治療なので注意

ホワイトニングの効果

 

医療費は通常なら保険が適用されて自己負担は3割程度で済みますが、ホワイトニングなど審美治療は保険の対象外になるため治療費は全額自己負担です。これを知らずに料金だけを見て、一部負担だから大丈夫だと思って治療を始めると後から高額の請求が来て困ることになるので気をつけましょう。

 

一般的に医院で受けるホワイトニングは1回で1万円から3万円程度のお金がかかります。

 

一度だけで終了する治療ではなく、何回か通い続けて少しずつ色が白くなっていく仕組みなので最終的に自分が希望する白さになるまでは10万円以上の料金がかかるのが普通です。

 

また、ホワイトニングを行う前に口腔内の健康状態をチェックしたり、歯石除去などクリーニング作業が発生するときも審美治療の一環として行われるため自由治療と見なされて自分でお金を払うことになるので気をつけましょう。

 

カウンセリングは無料の場合と費用がかかる場合の両方が考えられます。

受ける場所や方法による値段の違い

ホワイトニングを専門に行っているクリニックだと1回1万円以下で治療ができたり、エステのような定額制を採用していて固定料金で通えたりすることもあるので一般歯科で受けるよりもトータル費用が安く収まります。全体の治療ではなく気になる部分だけ1本ずつホワイトニングをしてくれるクリニックや、数本選んで集中的に行うコースもあります。

 

クリニック内で受ける場合よりもマウスピースを作ってもらい自宅に戻って行うホームホワイトニングのほうが1回あたりの金額が安くなることもあり、平均1万円から2万円くらいで行えます。それでも検診のためにクリニックに通う必要があり、毎回の診察費やホワイトニングに使う薬、マウスピース製作費などもかかるので、トータルするとクリニックで受けるのと同じくらいの費用がかかります。

 

両方を併用するタイプの治療法なら高い効果が期待できますが、1回4万円くらいかかることもあり高額です。

自分でやるときも大きな差がある

専門のクリニックではなく自分でライトを当てる家電を購入したり、専用の歯磨き粉を使ってホワイトニングをする方法もあります。

 

家電はかなり高額で、薬も使用することになり、歯磨き粉もずっと使い続ける必要があるため購入する料金やトータル費用はどうしても高くなってしまいます。安いものでも数千円するので毎月の出費が嵩み、期待したほど効果が得られず無駄になってしまうケースも見られます。

 

海外セレブのような真っ白できれいな口元になるための最新のホワイトニングは1回7万円以上が目安ですが、1回だけの治療でもかなりの効果が得られることや、漂白剤を使っているので奥の方までしっかりと白くなって効果が持続すること、質感も変化して自然な光沢が出ることなどメリットもあります。

 

なるべく早く白くなりたくて本格的な治療を受けたいなら、セレブが通っているような専門クリニックに行って相談してみるのもおすすめです。