自宅で手軽に白くしたいならホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニングの効果

 

今や一般市民にとっても身近な存在になったオフィスホワイトニング。過酸化水素の力でエナメル質や象牙質にまで染み込んだ色素を分解してくれるため、真っ白な歯が実現します。

 

とはいえ、刺激の強さやお値段の高さはネックです。もう少し効果が穏やかなものをというなら過酸化尿素を使用したホームホワイトニングですが、こちらも一度は歯医者さんで診てもらう必要がありますし、何時間も薬剤を使用するなど大変です。

 

安くて手軽なホワイトニングをと望むのであれば歯磨き粉がおすすめです。

 

わざわざ病院に行かなくても近くのドラッグストアや薬局で手に入ります。今はさまざまな商品が店頭に並んでいます。普通に歯磨きするだけなので楽チンです。お医者さんの元で行うホワイトニングと違い、歯磨き粉の場合にはどのようなものが含まれており、どのように作用するのでしょうか。それぞれの方法でメリット・デメリットがあることを知っておきましょう。

ホワイトニング効果のある成分とは

過酸化水素や過酸化尿素は薬事法に基づき資格を持った専門家にしか取り扱いができません。そのため病院で処方されるしかないのです。

 

歯磨き粉に使われている薬剤はそういった規制を受けていないためドラッグストアでも手に入るのですが、白くする効果については過酸化水素ほどは期待できないでしょう。

 

一般的なのはポリリン酸ナトリウムやポリエチレングリコールなどです。いずれも歯の表面についている黄ばみは落としてくれます。

 

タバコのヤニやステインの除去には良い効果を発揮してくれますが、長年の食事や飲み物・食べ物の磨き残しが蓄積して歯の内部まで浸透したものについては取りきれないため期待するほどの白さは手に入れられないかもしれません。

 

また、商品によっては使用することで何らかの健康被害をこうむるような成分が含まれていることだってあるので、とにかく安さだけで選ぶのではなくきちんと調べることは必要です。

避けるべき、危険な成分について

もしも、ラウリン硫酸Na・ナトリウムという表示があるなら、その商品の使用は控えたほうがよいでしょう。ラウリン硫酸Naというのは合成界面活性剤の一つなのです。白内障や味覚障害の原因の一つではないかとも言われています。歯を白くするためというよりも泡立ちを良くするために入れられているもので、泡立ちが良いとしっかり磨いた気分になります。シャンプーに使われていることもあります。

 

ホワイトニング歯磨き粉には研磨剤も含まれています。

 

ある程度は必要とはいえ大量に入っているものだと歯の表面のエナメル質まではがしてしまうことの。その下の象牙質は黄色いため、しっかり磨くことで逆に黄色くなってしまいます。知覚過敏の原因となったり虫歯菌などが歯の内部に侵入しやすくなるため危険も大きいのです。

 

特にまだ子供のうちは研磨剤入りのものは避けた方がよいでしょう。子供向け歯磨き粉の中にも入っていることも多いので注意が必要です。