ホワイトニングを先に行う必要がある場合

ホワイトニングの効果

 

小さな虫歯は、削ってから白いプラスチック樹脂を詰めて治す治療を行います。治療を先に行ってからホワイトニングをすると、色が変わってしまうので、樹脂を詰め直す必要があります。

 

そのため、先にホワイトニングを行い、色が安定してから樹脂を詰めることになります。

 

ホワイトニングは歯を白くすることができますが、詰め物や差し歯といった人工物を白くすることはできません。ですから治す必要がある箇所が多い場合は、どちらを先に治すかということを決める必要があります。

 

先に詰め物をしたい場合は白い色を選んでおき、後からホワイトニングをして同じ程度の白さにするということもあります。患者さんのお口の状態によっても変わるので、先生と相談して決めましょう。早く白くしたいという気持ちは分かりますが、痛みがある場合は先に治す必要があります。患者さんのお口の状態から治療計画を立てることで、どのように治すのかが分かります。

ホワイトニングを後に行う必要がある場合

多くの場合、虫歯があれば先に治療を行ってからホワイトニングに入ります。特に、痛みがある場合は、先に治療して問題がないようにしなければいけません。痛みなどの自覚症状がなくても、ホワイトニングの薬剤を塗るとしみしてしまうことがあります。

 

そのような場合も、先に治さなければ、せっかく白くするという希望があるのに、施術が患者さんにとって苦痛な時間になってしまいます。

 

また、詰め物をつけるための接着剤がありますが、この接着剤とホワイトニングの薬剤は相性がよくありません。通う回数を減らすために、詰め物をしたその日に白くしたいという希望を出す患者さんもいますが、できない場合もあるということを知っておきましょう。

 

接着剤の種類によってはできることもあるので、希望がある場合はスタッフや先生に相談してみましょう。きれいに治すだけでなく、患者さんの要望に合わせて行うということは、大切なことです。

ホワイトニングをする前の注意点

治療もしなければいけないけれども、ホワイトニングもしたいという人は多いです。虫歯を治すよりも、白くする方が見た目もよくなっていいと考える人もいるかもしれません。

 

しかし、使用する薬剤は漂白作用のあるもので、強い薬です。クリニックでしか扱うことが出来ず、ドラッグストアなどでは販売することもできないほどです。お口の状態は一人一人異なり、希望する白さも異なるでしょう。

 

ホワイトニングをする前には、どの程度の白さを目指すのかといった相談が必要になります。神経がない場合は、特殊な方法を使って白くする場合もあるので、お口の正確な状態を知り、その上で白くすることになります。歯が割れていたり、欠けていると薬剤がしみてしまうので、できないこともあるので注意しましょう。

 

内科的な疾患や体質によっては、薬剤を使うことができない場合もあります。お薬手帳を持参して、内科に通っている場合はどのような病気かを説明できるようにしておきましょう。